綺麗な歯を診ると自分の歯はどうなのかと気になる人もいるでしょう。歯の白さはその人の印象にも大きな影響を与えることから、接客業をしている人では特に気になることでしょう。

歯の黄ばみの原因は、多くが外部からの着色によるものです。例えば、コーヒーや赤ワインなどの色の濃い食品が好きな人は、その食品の色が歯に付着することになります。食品だけでなく愛煙家はタバコのヤニによって歯が黄ばんできます

また、外部からの着色ではなく内部の変色によって黄ばむことがあります。歯は表面をエナメル質が覆い、その中に象牙質があります。象牙質は若い頃はクリーム色なのですが加齢とともに色が濃くなります。そして、エナメル質も日々の歯磨きや食事によって薄くなり、濃くなった象牙質が透けて見えるようになり歯が黄ばんで見えてきます。

このように、歯の黄ばみは様々な要因によって起こります。年齢を重ねれば外部と内部と両方の要因によって黄ばみやすく、若い人でも日頃の食生活やタバコによっては歯が黄ばんでしまいます。

この黄ばみを落とす方法には、自分で落とす方法、オフィスホワイトニングを利用する方法があります。

最もお手軽な方法が自分で落とす方法でしょう。最近ではホワイトニング効果の高い歯磨き粉なども販売され、自宅で手軽にケアをすることができます。しかし、この方法では時間がかかったり、間違ったケアをしたことで歯を痛める原因ともなります。また、この方法は外部からの着色には有効ですが、加齢によって起こる内部からの変色では効果は期待できません。

しかし、歯医者で受けられるオフィスホワイトニングであれば、加齢による黄ばみの改善も効果が期待できます。しかも短期間で歯を白くすることが可能です。

ここでは、このオフィスホワイトニングについて紹介します。オフィスホワイトニングで歯の黄ばみによる悩みを解消しましょう。